人とデザインと情報の繋がりをお手伝い。|フューチャー&ノンフィクションワークス ハーベスト

北前屋台、出港


先月11月30日

前回の南越前町まちづくり担い手ワークショップ「妄想寄合」(前回の記事はこちら)の目玉

『北前屋台(仮称)』のお披露目式と第二回目のワークショップ「妄想実現寄合」を南越前町で開催いたしました。


なぜまちづくりで「屋台なのか?」ってよく聞かれます。

私の出身である南越前町はちょうど十年前、平成の大合併時に「河野村」「南条町」「今庄町」が合併して誕生いたしました。

南越前町は山あり、川あり、海あり、そして何より食べ物がおいしい。

いいところです。


ですが今全国的にいろんなところで同じ悩みを抱えている地域が沢山あると思いますが、過疎化に至っています。

もちろんたくさんのイベントが年間通して開催されていますし、「そばまつり」の様な県外からのお客様で大盛況なイベントもあります。

みんなが「どうにか盛り上げたい」と思いつつ「自分たちでなにかしたい」というジレンマ

とりあえず「役場」に相談してみよう。でもお金(補助金)がない。

じゃあ何もできないかも。。。

と思ってしまう状況だと知れば知るほど感じました。


私自身は現在仕事の関係上福井市に住居を構えておりますので地元に住んでいる方からすると「そんなことない」と誤解を招いていることもあると思いますが

私が参加させていただき、非常に多くのこと、特に「自分たちでやろうと思えば出来るまちづくり」を学ばせていただいた事を参考に

「南越前町まで足を運んでいただくきっかけとして」

「距離がネックならこちらからしかければいい」

と考え、今回屋台の設計を担当していただいた「丸山晴之建築事務所」の丸山さんとともに今回の立案にいたりました。


今後この屋台を使用し、福井県、県外、いやひょっとしたら海外まで南越前町のPRの為にあらゆるところでお目にかかると思います。

是非南越前町のファンになっていただくとともに、同じ「クルー」として楽しんでいただきたいと思っています。


「南越前町担い手のワークショップ」は一旦今回を持ちまして終了しましたが、この企画自体、枠や地域は関係ありませんので

今度は福井県中の方がメンバーとして参加していただけるように願います。



お披露目式とワークショップの様子は「丸山晴之建築事務所」様がまとめていただき、

ブログにアップしていただきましたのでこちらを是非ご覧ください。


http://mrhr.jp/blog/cat25/post-229.html 


昨日の福井新聞にも記事として取り上げていただきました。

ありがとうございます。 

 

staff

スタッフ

categories

カテゴリー

archive

アーカイブ

▲ ページTOP