人とデザインと情報の繋がりをお手伝い。|フューチャー&ノンフィクションワークス ハーベスト

告白 kokuhaku



この1年、盆も正月もなく働きました。

2日で睡眠時間2時間という日もありました。


それは以前ブログに書いたこの記事がきっかけでした。

福井県には小さい県ではありますが「広告代理店」様も多く、
デザイナーのみならず、広告業界にとっても「競争」が盛んに行われています。


 そんな中、今を必死に闘っている目からみても、
昨今クライアント及び福井に多いとされている第二次産業、
すなわち製造様、販売メーカ様の希望はどんどん

「対全国に売ること、売れること」

が主体となってきているように感じています。

インターネット販売が主流になっている今、「対全国」も身近な販促場として
視野にいれるのは当然のことだと思います。

その中でご存知の方も多いと思いますが、
「セメントプロデュースデザイン様」に代表されるような
デザインにしても販促にしてもトータルブランディングのすぱらしい成果の活躍。

「私達ももっと頑張らなければ!」

という気持ちを込めて書いた記事でした。
この記事に賛否両論を含め様々なご意見を頂いた中、とあるデザイナーの一言

「 名前出したからには(セメント様など)自分もそうなればいいのでは?(的なこと?)」

この言葉が自分を突き動かしました。


売ること。

売れること。 


デザイナーは綺麗な、うつくしい、デザイン、ハイ終わり?

販売まで責任を持つべき?

ニーズは?
 
様々な思考が渦巻いてある種のもどかしさも覚えました。
 勿論私達(ハーベスト)には大手広告代理店やマスメディアに対してコネクションもアプローチするすべもありません。
地道な積み重ねをするには膨大な時間もコストもかかってしまいます。


そんな中、ひょんな繋がりからとある方のホールディングス経由の仕事をすることになります。

「与沢翼」氏

 一時期はTVなどに頻繁に出ていたことがあるのでご存知の方も多いと思います。
私自身、実はずっと前にこの方をブログネタにしたこともありました。 

ちょっと今はいろいろあって契約も終了しましたが(ググればすぐわかります)
この与沢翼氏はネットマーケティング界の天才と呼ばれ、
一時期は「秒速で億を稼ぐ」とまで言われました。
また、TV等での派手な金遣いなどもあり批判も沢山ありました。

しかしこの方、インターネットマーケティングだけで本当に
「億単位」の売り上げをあげていました。
ひょっとしたらそこら辺の「ただの石」も、もしこの方にかかれば
価値あるモノとして売れるんじゃないかと思ってしまうほど・・・
※本当にそれやったら「詐欺」ですが。

マーケターとしては真の天才だと実感し、その「売る技術」を探ろう。
テクニック、手法を学ぼうと彼と彼にまつわる仕事をお受けする事にしました。


ある意味「地獄」でした(笑
1年が3年くらいに思えたほど密度が濃い1年でした。

まず東京時間は24時間が12時間しかないのではないか?と思えるほど
「スピード」が重視されます。
今日受注され4時間後にあげてくれは当たり前の世界。
それも福井時間でいうと1週間かけて完成させる程の量です(笑
それがほぼ毎日のように続きます。

しかしそのスピードについて行けるようになったとき、
初めて「スピード」の大切さ知りました。
「売ること、タイミング」は一瞬一瞬が勝負で待ってくれません。

「今世に出すべき時に出す」

この重要さを学んだ気がします。


そして手法。
様々な仕事を通して、福井の仕事では知り得ない
(馬鹿にしているわけではないのであしからず)
マーケターの手法を学びました。
LP(ランディングページ)でファンを獲得し、効果的な宣伝をうつ、
プロダクトローンチといわれる(アップルコンピュータもその手法だとか)方法で一気に販売をかける。
SNSを利用して「バズマーケティング(口コミマーケティング)」を仕掛ける。 

その鮮やかさと計算された手腕は目をみはるものでした。


さらに「デザイン」 
 一風変わってますが、依頼殺到の「アート+アイデンティティー」を表現し、
個人ブランディングのためのデザイン。

こんなのや
 

こんな感じや

  

 こういった感じとか

 

こんな感じで

 

個人ブランディングのためのSNS用ビジュアルを全国の方相手に制作していました。
(※個人情報にまつわることですので名前と顔は伏せてあります。)

一見かっこよいだけのビジュアル主義に見えますが、
実はキチンとしたカラー、目線移動、バランスのメソッドを元に制作していますので
これもまた「ビジネスのためのSNS活用法」を学びました。


ネットビジネスというと(特に福井などでは)まだまだ認知度もなく、
一見すると「怪しい」と最初から疑ってかかる方も多いと思います。

また正直なところ「与沢翼」氏に付いてまわるネガティブな印象により
「詐欺」もどきなイメージもあるかも知れません。
(名誉のためにあえて書きますが、与沢氏自身は法にふれるような詐欺行為は一度もしていません)

 しかし昨今、いわゆるランディングページにも色んな展開、
色んなデザインのものが出てきました。

こんなのや

https://nestle.jp/brand/frozen/
 

 
こんなのなど

http://www.president.co.jp/LP/manga/vol05/

大手メーカー様などはすでに色んな手法、デザインで販売戦略を仕掛けています。
デザイン的にみても今後可能性は広がっていくとおもいます。

自分はこれに、この販売手法に「可能性」をみました。
かけた1年でした。

それは大手広告代理店にコネクションがなくても、媒体にコネがなくても
インターネットという武器で「売る」ことが出来る「手法」だと思ったからです。

この1年間は「持ち帰るため」の修行でした。

正直なところ、こういったお仕事のような、「売る」ものが「情報商材」と言われる「情報系」だと、まだまだ福井県では受け入れられないと思います。(販売される方も少ないと思います)

しかし優れたプロダクトが多い職人の県「ものづくりの國」である福井県。
良いモノ、良い企画が沢山生まれていると思うのですが、販売PR不足の感は否めません。
PRの仕方だけで変わる可能性が秘めていると思っています。

この1年で学んだ手法はあくまでもひとつの選択肢にか過ぎませんが、
今後、形(デザイン)を加え、変化しながら、少しでもメーカー様などに
当事務所としてもデザイン制作だけではなく「売るためのメソッド」を活用し
お手伝いをしていきたいと思っています。

デザイナーは寫眞家の夢をみるか?


先日ベンハタからとあるカメラマンの話を聞きました。

「今日が最後の撮影、これが最後の1枚」

その仕事を最後にカメラマンのお仕事を引退されるようです。


「機器(カメラ)の技術が進歩して、素人でもプロでもあまり代わり映えしない写真がとれるから」 


 確かにカメラの技術と性能は日々日進月歩。

事務所のものとして、先日中古とはいえ動画用に「EOS7D」を購入したのですが、
確かに「それなり」の写真は撮れてしまいます。


デザイナーは独立した際、「撮影予算がない」時とかの場合に備えて

「それなり」のカメラを購入しようかどうか迷った方も多いと思います。
いざ買おうと決めたらうきうき気分でカメラ選びに迷っているデザイナーも多数見てきました。


その都度私は

「デザイナーに良いカメラ(数十万)なんていらん!タンスの肥やしになるのがオチだ!」

と言い放ってきました。
実際後々聞くと、ほとんどのデザイナーがタンスの肥やしにしているようで。
そんな自分がまさか「カメラ」にはまってしまうとは・・・


ただし、私はお客さんと制作物の交渉の際必ず「カメラマン」の交渉をします。
 当たり前ですが、スポットや光量の計算、構図などはとてもとてもカメラマンさんにはかないません。
良い素材を撮りたければやはりプロに頼むべきなのです。


しかしこの廃業されるカメラマンさんの問題はなにもカメラマンだけの話ではないなーと感じました。

時代の進歩とともに歴史の中にうもれ終了してしまう職業というのは確実に存在します。
傘に紙を張る仕事、電話交換、近接では「写植」などなど。
10年後には今の仕事の7割がなくなるという方もいます。
 

次は「デザイナー」の番かもしれません(汗

パソコン、ソフトウェアの発達で現に今、
「簡単なチラシなら自分で作っちゃいます! 」という企業や個人もますます増加し、
「簡単にできる!チラシ作成法教えます!」というようないろんなセミナーも人気があります。

「所詮エクセル、ワードで変な形の立体レインボータイトルとかでしょ?まだまだ大丈夫!」
って思っているデザイナーさんも多いでしょう。
でも最近のワードなどは「文字詰め」出来るって知ってますか?
日々進化しているのです。

変化を嫌う福井にも見えないうちに進化の波は少しずつ押し寄せてる気がします。
そんな「危機感」を感じさせるとともに

「新しい何かを生み出すべき!生み出したい!」

という欲求にもかられた出来事でした。 



 

staff

スタッフ

categories

カテゴリー

archive

アーカイブ

▲ ページTOP