人とデザインと情報の繋がりをお手伝い。|フューチャー&ノンフィクションワークス ハーベスト

ガセとマック


私が最初に買ったMac(G3)は当時70万くらいして、

↑これ!


今みたいにNETも発展してないので

「最新ですよ〜」と某家電量販店に言われ買った3日後に最新型がでた!

↑これ!


店員なら出ること知ってたのに、在庫処分でガセつかまされたあああああ・・・・・ 

という話ではなく『風とロック』に似た語呂を探したらそんなタイトルに。

私が大好きなTVCM「東京メトロ」が新しくなっていた(当たり前ですが福井では映りません)
 



(その前もCMはありましたが)宮崎あおいさん、ガッキー、杏さんに続いて今年度は「武井咲ちゃん」!かわいい!(笑


今回も企画制作『風とロック』ということで、タレントさんの一瞬一瞬の表情をとらえる素晴らしさもさることながら、東京のそれぞれの街の『色』を毎回きっちり表現とPRされています。

「空気悪い」「ごみごみしている」と言われる東京が(実際昔住んでいたので言い過ぎもご勘弁を)我が田舎の福井よりも綺麗で透き通っていて、素晴らしく感じたりするほど。

若干の「東京大好き主義」も含んでいる感想ですが、そこはやっぱり『風とロック』マジックだな〜と思います。
 
それがクリエイティブのなせる技なのかどうかはさておき・・・

難しい事はわかりませんが、今現在・い・ろ・い・ろ・ある福井市も『ハード』ばかりに力を入れるんではなくて、こういった観点から街を『色』づけしたらどうですか?

映像の力、デザインの力侮れませんよ。

森の中の雑貨屋、期間限定の古本屋、 スクーリングと美味しい味をいただける場所、我が事務所下の個性あふれる居酒屋・・・などなど。

今、人にうけている、受け入れられる場所ってやっぱりきっちり「デザイン」と「ブランディング」が出来ている場所だと思うんです。



福井のPRにとりあえずポスター出しましょ。

俺「赤」嫌いだからこのコンペの当選は金色のこのポスターで!

意味はないけどなんとなく決定。



そんなんもうやめませんか?福井県&福井市。

ハードもソフトもバランスが大切。



きっちりした方向性があって、高さを表現するためなら横でポスター作ったって

いいんです!!!(川平慈英風)







こうなりゃ福井、変えるためには立候補か?(嘘 

デザインのうまい!


朝イチからお決まりの事務所隣のコンビニへ。

ふと見かけた『おにぎり』を2種手に取る。

食べたい訳じゃないのに思わず手に取る。


「パッケージがイイから」


後で調べたら駅弁のパッケージをイメージしたらしい。

デザイン的に「梅原真」氏かと思ったが答えは不明。


手書き文字、筆文字、手書きイラスト、流行ってるよね。

きっと人の『ぬくもり』とかが伝わるからだと思う。


震災で財産とか積み上げた名誉やプライドや生活も一瞬で消え去る事を私たちは思い知った。

たくさんの人が『やっぱり大切なのは人と人の絆やぬくもり』と気づいた。

だから「ぬくもり」を感じる事の出来るデザインがすっと心に入ってくるのかもしれない。






そんなデザインをしていきたいと望む。

ボランティアは心の鏡?


先日の土曜日。

早朝6時30分から開催された「ガレリア元町清掃隊」に参加してきました。


生まれて初めての清掃ボランティア、しかも早朝。

やる気があれば起きられるもので5時30分には駅前に向かいました。


最近「きちづくり会社 エキマエベース」に参加するようになってから『駅前』がぐっと身近に。

私が小さい頃は『駅前』といえばまさに『夢の国』

何でも揃うパラダイスだと思っていました。

映画館も昔は福井駅前だけでしたし、それこそ高校のデートコースは映画→生活倉庫→だるまや西武→マクドナルド→生活倉庫・・・


それが大人になるにつれ「何もない場所」に。

それこそエキマエベースに参加するまでは、へたすると10年くらい駅前を歩いたことなかったかもしれませんでした。


ゲームセンターが並んでキラキラしていたガレリア元町は遙か昔。

誰もいない早朝のガレリアは(レディース駅伝の練習者は多数いましたが)暗く、雨のせいでしめった感じがしましたが高校以来の石畳をしっかり1時間清掃してきました。


「ほら自分たちはえらいでしょ?」とは思いませんが

ボランティアは不思議な爽快感があります。


まさか!!街を磨くことによって自分の心も磨かれた!!












のか?なんつって(笑

福井名物

福井名物 

お世話になっている簿記の有名講師である林先生と一緒に

おろし蕎麦を食べてきました。
 

お店は「松月庵」

店内に入ると、ガラス越しに店主が蕎麦を熱心に打っておりました。

写真は先日お邪魔した時のものです。


ゆったりとした店内に流れるジャズクラシックの音楽と

風味豊かなそばの味を堪能できます。


お蕎麦好きな方は、是非一度「松月庵」のお蕎麦をご賞味ください。


すでに、年越しそばの予約注文が入っているそうですよ。



 

staff

スタッフ

categories

カテゴリー

archive

アーカイブ

▲ ページTOP