人とデザインと情報の繋がりをお手伝い。|フューチャー&ノンフィクションワークス ハーベスト

「続・ラシサッテ、ナニサ。」


前回の「ラシサッテ、ナニサ」はいろんなご意見をいただきました。

セメントさん!なんぼのもんじゃい!

とは思ってませんが、(否定してません。あしからず)

卓上の情報だけではなく実際に耳と目で感じてこようと思い、本日鯖江市のめがね会館で開催されたセメントプロデュースデザインの金谷代表さんのセミナーに行って参りました。


感想は・・・・


「完敗です」(あえて大きく書きます)

プロデュース、情報発信という観点で完膚無きまでにたたきのめされました。(喧嘩売ってません。あしからず)

すべての情報発信戦略が計算されています。

もちろん失敗もしてきたというお話もされていましたが、「売るための営業」「売るためのデザイン」「売るための展示」「売るための情報発信」を細部に至ってまで練り込んで練り込んで構成されていることをお話から感じる事ができました。


もちろんご自身でも仰っていましたが、金谷さんはデザイナーではありませんので戦略が仕事です。
ですが服装ひとつに至るまで「自己プロデュース」も含め、彼自身が作品のひとつでありブランドなんだと確信しました。

 あまりお時間もなかった事と、前回のブログを(結果的に)恥じる気持ちから名刺交換を果たせませんでしたが、すがすがしい敗北感に包まれながら


「(良い意味で)今に見てろよ」

という熱くなる心でめがね会館を後にしました。


受付をしていただき、いろんな話をさせていただいたデザインセンターの呉籐さん、

進行役のキッソオ熊本さんお疲れ様でした&ありがとうございました。



・・・その後金谷さんは越前市のセミナーに行かれたそうで・・・・忙し!!
貴重な実体験のお話ありがとうございました。

staff

スタッフ

categories

カテゴリー

archive

アーカイブ

▲ ページTOP